本日は「就活にも使えるマーケティング戦略」というテーマでお話をさせていただきます。

一般的に商品やサービスを売っていくマーケティング的な発想が就活にも同様に考えることができます。

就活の場合には、自分という商品の売り方をマーケティング的に考えるのです。つまり、外部環境である業界分析や会社研究を行い、世の中の流れをみて自分に合っている会社を分析します。会社でいうとマーケティングリサーチですね。

そのあと、自分という商品をどういう風に売り込むのかを考えます。自己分析を行い、どのようなストーリーでどのような言葉で表現していくかを考えます。会社でいうと商品のストーリー性を考えて、広告や広報、営業のツールを作成します。

実際に面接に応募して面談を行うのが、会社でいうと売り場であったり商談の場であったりします。大事なことは自分にとってのターゲットはどこかを見極めることです。商品やサービスであっても誰にでも受けるものではなく、自分が顧客になってほしい層を見極めて、媚びることなく貫く姿勢です。

最終的には自分を出し切って受け入れてくれる中から自分が行きたいところを選ぶということが理想のかたちになると思います。